22

時間という名の贈り物

ボランティアや奉仕活動は、参加した人に大きな学びをもたらします。 今回ご紹介するのは、ロサンゼルスの学校の取り組みです。(清田) https://www.we.org/stories/los-angeles-studen […]

17

アプリで共生社会を創ろう!

アメリカに、障害のある人や地域の人をつなぐアプリを運営している若者がいます。 彼を突き動かしたのは、お兄さんの力になりたいという想いでした。(清田) https://www.we.org/stories/teen-inv […]

20

リンクから教室へと広がる変革の輪

WE(フリー・ザチルドレン)がカナダで展開しているWE Schoolsでは、多くの学校で社会を変えるチェンジメーカーを育てる授業を行っています。 今回はある二人の先生のストーリーをご紹介します。(清田) https:// […]

16

十代の活動家が、おとなに伝えたいこと

子どもが、「世界は変えられる」と信じられる社会を創っていくためには、どのようなことが必要なのでしょうか? 十代の活動家のキアラ・ピカオは、おとなの後押しや応援が不可欠だと訴えます。 キアラの寄稿文を今回はご紹介します。( […]

23

ヤギとキスするのはだーれだ?

世界を良くするためにアクションを起こす方法はいろいろあります。 今回ご紹介するのは、ヤギとのチャリティーキスコンテストを行ったカナダの学校の取り組みです。(清田) https://www.we.org/stories/e […]

19

きれいな水を世界に届けよう!

世界を良くするためにアクションを起こす方法はいろいろあります。今回ご紹介するのは、清潔な水を世界に届けるために募金活動を行ったカナダの学校の取り組みです。(清田) https://www.we.org/stories/s […]