STUDY TOUR

人生を変えるボランティアと学びの旅

中学生から参加できる支援のカタチを体験する旅

フリー・ザ・チルドレンのスタディツアーとは

それは、人生を変える旅。 支援先のコミュニティの訪問、ホームステイや伝統料理などの文化体験、フェアトレード生産者訪問、 学校建設のためのセメント作りや、農園を設置するための土堀りボランティアなど、通常の観光ではできないリアルな体験を通じて、現地の人々の生活を感じ、現地が抱える問題について学ぶことができます。世界を知ることは自分を知ること。自分を変えることは世界を変えること。それを教えてくれる旅。きっと一生忘れられない経験となります。

中高生が参加できる安心安全のプログラム

団体設立から20年以上の子どもの活動の支援実績がある当団体が主催するスタディツアーは中学生から単独での参加が可能です(もちろん大学生・社会人の参加も大歓迎!)。現地にはその地域を熟知し普段から活動している私たちのローカルスタッフとともに、安心・安全第一でプログラムを組んでいますので、安心してご参加頂けます。

現地の人々との交流でリアルな世界を知る

通常の観光旅行ではなかなか体験できない、国際協力の現場であるコミュニティを訪問し、その地域の人々の声を聞き、状況を学び、彼らと交流できるプログラム。だから、現地のありのままの様子やそこから垣間見える人々の生活を感じることができます。普段の日本での生活とは全く異なる世界を体感することでしょう。

ボランティア・ワークで変化への第一歩を踏み出す

国際協力の現場の人々から求められているニーズにあわせ、ツアーに参加する皆さんでボランティアをします。例えば、学校建設のためのセメント作りや、ハーブガーデンを設置するための土堀り、スープキッチン(炊き出し)、子どもへのアクティビティ実施など。地域への貢献に繋がる変化のための第一歩をツアー中に踏み出せます。

自分を知るワークショップでリーダーシップを学ぶ

ツアー中のワークショップを通じて、将来について、世界に変化を起こすために何ができるのかを話し学びを深めていきます。そして参加者同士が本音を語ることができる仲間になっていきます。

文化や自然を満喫

その国の文化や自然を感じることができるプログラムを用意しています。ケニアの大自然でのサファリ・ドライブで野生動物を間近に見たり、 フィリピンやインドでは文化遺産に登録されている建造物への訪問などを通じて歴史や文化を感じることができます。

日程・料金

2023 フィリピン
インド(未定)
ケニア(未定)
訪問地域
フィリピン(マニラ/オロンガポ)
予定宿泊先
オロンガポ:プレダ基金内ゲストハウス・ホームステイ
マニラ:Tropicana Suites Residence Hotel または同等クラス
旅行日程
2024年3月20日(水)~3月26日(火) 6泊7日 羽田発着
旅行代金
239,000円
※旅行代金に含まれない費用: ※羽田空港使用料:2,950円、マニラ空港税:約1,440円、燃油特別付加運賃:約29,000円、航空保険:約800円、国際観光旅客税:1,000円(これらは、為替レートや原油価格変動等によって変更される可能性があります。)、海外旅行保険代金、WEG代金(15歳未満)
<早割>1月8日までのお申込で5000円割引
<きょうだい割> 同一住所のご家族2人以上のお申込でそれぞれ5,000円割引 ※割引の併用はできません
参加条件
中学生以上 *中学生未満はご家族のどなたかとご一緒であればご参加できます。 ①指定の海外旅行保険にご加入いただけること。 ②FTCJのメンバー登録をしていただけること。(登録は無料です) ※15歳未満の参加者はWEGの申請が必要です(費用別途)。また、18歳未満の方は親権者同意書を提出ください。
添乗員
羽田空港からフリー・ザ・チルドレン・ジャパンスタッフが同行します。
最少催行人員
8人
募集締切
2024年1月8日(月)23:59 第1次(早割締切)/2024年1月24日(水)23:59 最終締切
募集を締切ました。
訪問地域
インド
予定宿泊先
デリー:ホテルメトロハイツまたは同等クラス ウダイプール:Araveli Cottages & Tented Camp または同等クラス
旅行日程
旅行代金
参加条件
添乗員
最少催行人員
募集締切
訪問地域
ケニア
予定宿泊先
旅行日程
旅行代金
参加条件
添乗員
最少催行人員
募集締切

説明会

フィリピン・スタディツアー2024春の説明会を開催します。ツアー内容はもちろん、フィリピンや支援地域についても写真や動画を交えてご紹介します。各説明会終了後、個別相談も可能です。

スタディツアー説明会(会場開催)

  • 【日時】2023年11月12日(日)13:00-15:00
  • 【場所】EF 東京オフィス(東京都渋谷区渋谷2-15−1 渋谷クロスタワー27階)
  • 【参加費】無料
  • 特別企画!11月12日の説明会では、2023年のフィリピンスタディツアー参加者によるツアー報告会も同時に開催します!

スタディツアーオンライン説明会

  • 【日時】2023年12月21日(木)19:00-20:00
  • 【場所】オンライン開催(zoom)
  • 【参加費】無料

スタディツアーオンライン説明会

  • 【日時】2024年01月14日(日)10:00-11:00
  • 【場所】オンライン開催(zoom)
  • 【参加費】無料
※資料請求をいただくと、12月22日開催のオンライン説明会のアーカイブをご覧いただけます。

プログラムスケジュール

2024 春 フィリピン
インド(開催未定)
ケニア(開催未定)
日数内容
DAY1羽田空港集合 マニラ着/オロンガポへ車移動(オロンガポ泊)
DAY2先住民族のコミュニティ訪問、ホームステイ
DAY3刑務所や虐待から救出された子どもたちの施設を訪問、交流(オロンガポ泊)
DAY4性的搾取から救出された子ども保護施設にて交流(オロンガポ泊)
DAY5マニラへ車移動/マニラ観光(マニラ泊)
DAY6スラムやゴミ山の訪問、子どもたちと交流
DAY7マニラ発/羽田着 解散
インド
DAY1
DAY2
DAY3
DAY4
DAY5
DAY6
DAY7
Day8
ケニア
DAY1
DAY2
DAY3
DAY4
DAY5
DAY6
DAY7

フォトギャラリー

 

宿泊施設

フィリピンでは、Tropicana Suites Residence Hotel(マニラ)とプレダ基金内ゲストハウス(オロンガポ)に宿泊します。トイレ、シャワー完備の衛生的で安全な施設です。フィリピンでは生活を体験できるホームステイも実施。ホームステイは2人または3人1組になり宿泊します。スタッフも同じ地域に宿泊します。
プレダ基金内ゲストハウス

プレダ基金内ゲストハウス(フィリピン)

Me to Weアラベリコテージ(インド)

ベッド付テント(ケニア)

 

食事

滞在先の宿泊施設には食堂を完備し、衛生面には細心の注意を払って調理しており、栄養バランスの考えられた食事を提供します。レストランに行く場合は、衛生的に問題がないとみなされるレストランを厳選しご案内しています。 水については、水筒をご持参いただき、プログラム中はミネラルウォーターを提供します。

参加者の声

このツアーに参加して私は考え方ががらりと変わりました。もちろんいい意味での、です。フィリピンにはみたことのないものがたくさんありました。同じアジアでも日本の雰囲気とは全然違うというのが肌で感じられました。 そして自分の中で一番変化があったのは、児童労働や貧困などの社会問題に対する感じ方と理解です。教科書にももちろんかかれてはいますが、以前の私はそういったものは知識として知っている程度で、社会問題は遠い、という印象を持っていました。しかし、実際に近くで見て、触れて、話して、それは自分にとって無関係ではないどころか、気づいてないだけで、本当は自分の隣にすらあるように感じました。Yさん(参加当時 高校2年生)
国際協力に興味があり、ボランティアをやってみたいなと思っていましたが、部活が忙しいので、短期で中高生でも参加できるボランティアを探して、このツアーを知りました。ツアーに参加する前は貧しい人や辛い過去がある人は暗くてネガティブだと思っていましたが、 今回フィリピンではみんな明るく元気で積極的に交流してくれました。ツアーでは、友達もできました。こんなにも自分の想いを素直に伝えられて相手の思いも受け止められる友達に出会ったのは初めてです。このツアーではフィリピンで過ごす中でたくさんの発見と多くの出会いがありました。一生忘れられない1週間になったと思います。Mさん(参加当時 中学3年生)
ツアーは驚きの連続と同時にとても刺激的な経験になりました。 現地の人は温かくとてもフレンドリーでした。ただこのような人々がみな安全で安定した暮らしをおくることができていないのは明確で、どうすればもっと安心して毎日を過ごせるのだろうと何回も考えさせられました。ツアー中にその答えは出なかったし、帰国した今もまだその答えを見つけることはできていませんが、そうやって必死に解決策を探せるような種を見つけることができたことが大きな収穫で、これからももっと深く考えていけたらいいなと思います。 Nさん(参加当時 高校2年生)
私は世界の子どもたちの現状を伝える活動をしていたのですが、実際を見ていないと説得力がないと感じることがあり、現地に行けば、同じ子どもとして日本の人たちに伝えることができると思い、参加を決めました。インドで働くこどもたちと出会い、そしてすぐ横で同じ年齢の子が遊んでいるのを見たときは「なんで同じ子どもなのに、あの子は遊べて、あの子は働いているの!?」とショックでした。でも、こういった現状を誰かに伝えて、またその人が誰かに伝えていけば、きっと何か変化や行動がうまれると思うので、これからもインドで出会った子ども達のことを伝えていきたいと思います。本当に「行ってよかった!」と心から思えるツアーでした。Yさん(参加当時 中学生)

申し込みの流れ

ステップ1.資料請求

まずは資料請求をお願いします。メールで詳しい旅行条件を説明した書面をお送りします。

ステップ2.お申込み

資料請求後に届いたメール内より申込みフォームをひらき、必要事項をご記入の上お申込ください。

ステップ3.旅行代金お支払い、各種手続き

お申込後、オルタナティブツアーより参加費のご請求書や同意書、海外旅行保険の申込書類などが郵送で送られてきますので、手続きをお進めください。

ステップ4.事前学習会開催(予定)

一緒に参加される方々との顔合わせや渡航先について学ぶ事前学習会を実施します。 不安なことや相談したいことなどを一緒に行くスタッフに直接聞くことができます。 詳細はお申込みいただいた方へメールでご連絡いたします。

ステップ5.当日

事前に案内する集合場所でお待ちしています!忘れ物などないよう、お気をつけてお越しくださいませ。

お問合せ

※内容によって窓口が異なります。ご確認の上お問い合わせください。

プログラム内容についての問い合わせ

認定NPO法人フリー・ザ・チルドレン・ジャパン info@ftcj.org/ 03-6321-8948

申込み方法や旅行条件・キャンセル料などについての問い合わせ

株式会社オルタナティブツアー kanaya@alternative-tour.jp /06-6409-4333

よくある質問

Q.現地にどれくらいお金を持って行った方がいいですか?

A.基本的にツアー中の費用は全てツアー代金に含まれていますが、自由行動中の食事や飲み物、お土産の購入等に5千~1万円くらい必要になります。 

Q.宿泊する部屋は、他の参加者と相部屋ですか?

A.特別な希望がある場合を除き、相部屋になります。現地の人々との出会いだけでなく、参加者同士の交流を深めることができるのもツアーの魅力です。  

Q.宿泊先でWIFIは使えますか?ポケットWIFIの契約などをした方がいいですか?

A.ホテルや一部の滞在先で使える場合がありますが、接続が不安定なことが多く、常にインターネットを使える環境ではありません。ポケットWIFIの持参などは個人の判断にお任せしておりますが、現地での出会いや経験をより充実したものにするためにも、ツアー中はできるだけスマートフォン等を使用しないことを参加者の方々にお勧めしています。スタッフは現地で繋がる携帯を必ず持参し、緊急時の連絡などに利用できるようにしています。  

Q.日本にいる親から参加中の子どもへ連絡することはできますか?

A.緊急時にはスタッフの携帯電話を通じ連絡を取ることができます。緊急以外のご連絡はご遠慮ください。  

Q.英語ができなくても参加できますか。

A.はい。ツアーは英語と日本語が話せるスタッフが同行しますので、英語のレベルに関係なくご参加いただけます。  

Q.現地で洗濯はできますか?

A.現地に参加者が利用できる洗濯機はありません。下着類や乾きやすい薄手のTシャツなどは各自で手洗いをして干すことは可能です。  

Q.予防接種は必要ですか?

A.入国の際に義務付けられている予防接種などは特にありません。  

緊急時の対応について

緊急時は、現地同行スタッフ、在京スタッフ、ツアー主催会社の間で連携を取り、迅速に対応いたします。

過去のツアー報告