支援プログラム:Free The Children Program

貧しさが原因で命を落としたり、
奴隷のように働かされたりする子どもがたくさんいる

そんな世界を変えるために。

世界では、貧しさのため5歳の誕生日を迎えることなく、亡くなってしまう子どもは1日に18,000人。

それは、4.8秒にひとりが亡くなっていることになります。

 

また、家族を支えるため、学校に行くこともできずに過酷な環境で働く子どもは世界に1億5,200万人いると言われています。 (2017年ILO発表)

 

 

世界ではおよそ8億6000万人もの人々が、安全な水を飲むことができず、毎日4000人もの子どもが、きれいな水にアクセスできないことが原因で命を落としています

 

開発途上国の多くでは、長距離を歩いて水を汲みに行く子どもたちが多くおり、そのために、学校に行けなかったり、体を壊したりしているのです。

 

 

貧困の問題は、海外だけで起きているわけではありません。
日本の子どもの貧困率は13.9%、およそ7人に1人の子どもが貧困の中にいます(厚生労働省「平成28年 国民基礎調査/貧困率の状況」より)。その中でも特に母子家庭の子どもの貧困が深刻な問題となっています。

さらに、虐待やいじめなど、日本の子どもたちが置かれている環境にもたくさんの課題があります。

 

こういった世界や日本の子どもの厳しい状況を変えていくために、私たちフリー・ザ・チルドレンはミッションのひとつめを「国内外の貧困や差別から子どもをFree(解放)する」と掲げ、11の国々で支援プログラム(Free The Children Program)を展開しています。

事業内容