ケニア

フリー・ザ・チルドレン・ジャパン ケニア

太古の文化と共に生きる、大自然に囲まれた国

東アフリカの雄大な自然の中にあるケニア。かつてはアジアとアフリカの交易路として栄え、それによって多様な文化や民族が生まれました。現在、約40の民族が暮らし、60以上の言語があると言われています。遊牧民であるマサイ族は、今では都会で暮らす若者もいますが、現在も伝統的な暮らしを守っている部族がたくさんあります。

ケニア、特に首都のナイロビ周辺は1年を通じて比較的過ごしやすい気候です。しかし乾季には雨がほとんど降らないため、干ばつで食糧不足となること、また医療や教育などが整備されていないことが大きな課題となっています。

 

ケニアの子どもたちが置かれている現状

フリー・ザ・チルドレン・ジャパン ケニア

2002年、ケニアの新政府は「小学校を無料にする」と公表しました。すると今まで学校に行っていなかった100万人ものケニアの子どもたちが、一斉に学校に通うようになったのです!しかし突然の発表のため、学校側は子どもたちの受け入れ準備ができていません。財政難などさまざまな問題を抱え、未だに政府は対応に苦しんでいます。このような状況で、フリー・ザ・チルドレンは一人でも多くのケニアの子どもたちが質の良い教育を学校で受けられるよう活動が実施されています。

ケニアには他にも直面する課題があります。2003年時点で、ケニアの人口の56%が、農村部で月収17ドル、都市部で36ドルという、貧困ラインを下回る生活をしています。フリー・ザ・チルドレンが特に力を入れているナロク南部の地区では、いまだに10人に1人の子どもが5歳の誕生日の前に亡くなっています。5歳未満のこどもたちの1/3が発育不良で、慢性的な栄養不足という状況です。

 

知っていますか?

26%
ケニアの5歳~14歳までの子どもの26%が児童労働をしています。

 

30%
ケニア人の約30%が1日1ドル以下で生活しています。

 

1/4
15歳の女の子の4分の1が結婚しています。

 

フリー・ザ・チルドレンの取り組み

フリー・ザ・チルドレンは1999年よりケニアの南部で活動しています。

私たちは村の自立を応援するプログラム(Adopt a Village)として多くの村、そしてケニア政府と協力し、これまでに、学校、図書館、水道・用水設備、公衆トイレ、教師の宿泊施設などの整備を進めてきました。今ではこれらの村々には、私たちのプログラムに協力する共同体がたくさんあり、熱心に活動する地元の女性、男性、若者のグループといつも一緒に活動しています。

私たちは、ケニア政府を支援し無料で質の高い初等教育を全ての子どもたちに提供すること、特に教育を受けにくい環境にいるマサイ族の女の子たちに教育の機会を提供することに力を入れ、活動を展開しています。

 

支援のかたち

1.村の自立を応援するプログラム(Adopt a Village)

貧困を生み出す要因は、複数あります。ですから、貧困を解消するための解決策は一つではなく、様々な側面から同時に支援活動を行うことが大切だとフリー・ザ・チルドレンは考えています。

そこで、わたしたちは貧困地域の人々が生きるために必要な基本的ニーズ(衣食住、教育、保健、労働)が満たされ、子どもが教育を受けられるよう、「5つの柱」を軸とした、村の自立を応援する支援プログラムを開発し、持続可能なコミュニティづくりに向けて活動しています。

ご寄付はこちらから