フィリピン

フリー・ザ・チルドレン・ジャパン フィリピン

フィリピンでの支援事業は1999年からスタート

フィリピンの首都マニラは、東京から飛行機で約4時間と日 本から比較的近くにあります。陽気で親しみやすい人々が多く、ビ ーチは美しく、豊かな自然であふれていますが、貧富の格差が大き く、紛争地域をかかえているなど課題もたくさんあります。

そこで、フィリピンの貧困下に置かれた子どもに焦点をあてた支援 事業を展開するため、フリー・ザ・チルドレン・ジャパンは設立時の1999年からフィリピンの現地NGOとパートナーを組んで、 活動しています。フィリピンの貧困地域に暮す人々が自分の力で貧困から抜け出し、自立できることをめざし、様々な支援事業に取組んでいます。

 

知っていますか?

68%
小学校を卒業できるのは68%と言われ、貧困層の子どもの中途退学率が高いことが課題です。中等教育の入学率は65%程で、修了率は全体の約50%と報告されています。

 

321万人
321万人の子どもが児童労働を強いられています。(ILOフィリピン2011年発表)5-17歳の10人に1人の割合です。

 

26.5%
26.5%が1日1ドル未満で暮らしています。

 

20%
20%の富裕層が総資産の80%を握り、残りの80%の人々が20%を分け合っているといわれるほど、フィリピンは貧富の格差が激しく二極化しています。

 

フリー・ザ・チルドレン・ジャパンがフィリピン支援事業で目指すこと

フィリピンの先住民族や貧困地域で暮らす子どもたちが教育を受けられるように環境を整える。ひいては彼ら自身の力によって貧困から抜け出し自立できるように支援をする。そして、子どもとその周りにいるおとななど全ての人々が尊厳を取り戻し、かれらの権利がしっかりと守られるように手助けする。

 

支援のかたち

1.視覚障害を持った学生支援プログラム

障害を持つフィリピンの子どもたちは、必要な知識やスキルを学ぶ機会も与えられないまま社会から隔離されてしまうことが多くあります。そこでフリー・ザ・チルドレン・ジャパンは、盲学校に通う学生たちが職業スキルを身に付けられるように、大学進学の道を諦めずに済むように、 そして中途退学しなくて済むように、学生たちの可能性を後押ししています。

 

2.ミンダナオ島 先住民族支援プログラム

フィリピンには多くの先住民族が暮らしています。町からのアクセスの悪い隔離された地域にある先住民のコミュニティの多くが、貧困や伝統文化の消失、教育の質など多くの問題を抱えています。フリー・ザ・チルドレン・ジャパンでは、現地のNGOとパートナーを組み、ミンダナオ島の先住民族の子どもが教育や医療、きれいな水などにアクセスできるよう自立支援プログラムを行っています。
また、この村の子どもと文通しながら支援できる「ペンパルサポーター」事業も実施しています。

 

3.プレダ基金支援プログラム

1999年からパートナーを組んでいるオロンガポ市にある現地のNGO「プレダ基金」と実施しているプログラム。性的虐待を受けた少女や、刑務所から救出された少年への自立支援、貧困地域(先住民族)の自立支援活動を行っています。

 

 

ご寄付はこちらから