収入の機会拡大のための支援

母親の自立が、村の未来につながる

母親たちが教育を受け、生計を立てていくための手段やスキルを手に入れることができれば、子どもたちを養うことができるようになります。また、子どもたちを学校に通わせたり、医療サービスを受けさせることができるようになります。そして何より、子どもたちが働く必要がなくなります。

多くの貧困地域において、女性は男性より地位が低く、教育を受けていない割合も高くなっています。安定した収入を得るスキルを身に付けた女性たちは、自信をつけ、より自由に、人生を自ら切り開いていけるようになります。そんなたくましい女性の背中を見ながら子どもたちが育ち、さらにその後に続く未来の少女たちの、お手本・道しるべとなっていくのです。

こういった理由から、この「収入の機会の拡大」支援では、特に女性への支援に重点を置いています。

 

知っていますか?

開発途上国では、6 人に1 人が一日1 .25ドル以下で暮らしています。

ほとんどの国で、女性は男性の65~75%の収入しか得ていません。

しかし労働時間は男性より長く、教育や、自分自身のために割くことのできる時間は少ないのが現状です。

男女間の雇用格差・賃金格差を解消できれば、世界に17 兆ドルの新たな経済効果が生まれます。

支援内容

支援の内容は、その地域によって全く異なります。原則として、地域の文化、伝統、資源、習慣、天候、環境やその他の条件を考慮し、どういった方法でアプローチするのかを決めています。

地域の団体と協力し、その地域で持続可能なビジネスを確立するためのトレーニングを行います。具体的には、コミュニティ内にいくつかのグループ(女性グループ、男性グループ、若者グループなど)をつくり、そのグループのメンバーに対して、予算の組み方、ミーティングの開催・運営の仕方、対立が起きた時の解決方法や、リーダーシップのスキルなどを教えています。

村人が基礎的なスキルを身に付けたあと、村人たちの金融行動の改善に取り組み、新たな収入源確保のための活動(貯蓄やローンを組むためのグループの結成)を行います。支援を行っている地域の年間の所得・貯蓄は、年々増加しており、各世帯、及び地域全体に、健康状態の改善、暮らしの改善が見られています。

現地のニーズに合わせ、例えば以下のような支援を行っています
  • 家畜を提供。搾乳や繁殖などを含める家畜の飼育、世話についてのトレーニング
  • 職業訓練
  • ビジネスとファイナンシャルリテラシーのワークショップ
  • リーダーシップや、様々なスキルを身につけるトレーニング
  • はちみつの生産
  • 手工芸品の生産プロジェクト
  • 女の子のためのクラブ運営
  • 男性向け、女性向けの融資サークル、サポートグループ

 

これまでのインパクト

私たちの支援によって、今までに3 万人以上もの女性が、収入を安定させるための手段を手に入れました。そして、このことが、彼女たちの家庭や地域での健康状態の改善、そして暮らしの改善をもたらしました。

女性のエンパワーメントを進めること、特に女性を稼ぎ手としてエンパワーメントしていくことで、食糧や教育により多くのお金が使われるようになりました。そして女性が働くことで、出生率も下がりました。

 

ケースストーリー

インド カモダ村

モハニは、インドのカモダ村に住む女性です。

モハニは3人の子ども全員を生後間もなく亡くしましたが、この小さな村のゴッドマザーとなり、村の子どもたちに学校に通うようにと促し、子どもたちを応援しています。

柔らかな物腰と、優しい目をしているモハニが子どもたちは大好きで、彼女がお世話をしているヤギのおいしいミルクだけでなく、笑顔が素敵な彼女に会えるのを、子どもたちはいつも楽しみにしています。

モハニは字を読むことはできません。それでも積極的に地域のリーダーとして活動し、ヤギ飼育プロジェクトを実行して、村内の女性の収入源確保を支えました。モハニの助けによって、60 匹のヤギが女性たちに配給され、女性たちは家畜のヤギを適切に世話するためのトレーニングを受けました。そしてモハニがヤギとミルクの売上金を毎月口座に預金する担当となり、村の女性たちは「所得を自分たちで管理できるようになり、尊厳のある生活を送ることができるようになった」と言います。

それに加えて、彼女は夫の農業の改善にも尽力しています。夫婦で生産性や農地を改善させるためのトレーニングを受けました。その結果、より多くの穀物が収穫できるようになりました。

モハニの素晴らしいリーダーシップの下、カモダ村はこれからも素敵な村として輝き続けていくに違いありません。