インド

フリー・ザ・チルドレン・ジャパン インド

多様な価値観や生き方が渦巻く、自然豊かな大国

古くから文明が築かれて、何千年にも渡る歴史を持つインドは、山と海と川に囲まれ、熱帯から高山地帯までのさまざまな気候や自然環境が存在する、南アジアの大国です。現在13億人以上もの人々が暮らしています。1947年にイギリスから独立し、民主主義国家となりました。

公用語はヒンディー語と英語ですが、他にも憲法で公認されている州の言語が21言語もあり、文化も宗教も多種多様な多民族国家です。近年、急速な経済発展を続けている一方で、人口の増加や環境破壊、貧困や民族間の対立など、まだ多くの課題を抱えています。

インドの子どもたちが置かれている状況

インドは経済発展の目覚しい国として世界から注目を集めていますが、一方で、子どもの体や心に害のある過酷な環境で働く子ども「児童労働者」がとても多くいる国としても知られています。

カースト制度に基づく差別や、女の子に対する差別なども大きな課題となっています。学校へ通っている女の子は男の子よりも少なく、識字率(文字を読み書きできる人の割合)も女性の方が低くなっています。また、まだ幼い女の子が結婚を強いられる「児童婚」の問題もあります。

インドの子どもの権利が守られるよう、フリー・ザ・チルドレンは1998年からインドで支援事業をスタートさせました。フリー・ザ・チルドレン・ジャパンでは2000年から西ベンガル州で活動をスタートさせ、その後ラジャスタン州でも支援活動を行っています。

写真は、農作業をするインドの子どもです。炎天下のなか、農薬にさらされながらの収穫作業は子どもの体に有害です。

 

知っていますか?

68%
インドで小学校を卒業できる子どもは68%と言われ、貧困層の子どもの中途退学率が高いことが課題です。中等教育の入学率は65%程で、修了率は全体の約50%と報告されています。

 

37.9%
インドの5歳以下の子どものうち、37.9%が健全な発育を妨げられています。(UNICEF, WHO, World Bank, 2015)

 

71.2%
文字の読み書きができるインド人は全インド人口のうち、71.2%です。(CIA World Factbook, 2015)

 

68.8
インド人の平均寿命は、68.8歳です。(UNDP, 2018)

支援のかたち

インドの子どもの権利が守られるよう、さまざまな側面から国際協力活動を行っています。子ども自身に子どもには権利があることを伝えています。

1.村の自立を応援するプログラム(WE Villages)

子どもが貧困から解放され豊かな人生を送れるようになるためには、 子どもだけを支援しても意味がなく、親、特に母親が健康的に生活できることが必要です。そして、子どもが通えるような学校を作る必要がありますし、清潔な水が飲めるようにしなければいけないし、子どもの家族の収入が安定することも大切です。

貧困を解消するための解決策は一つではなく、様々な側面から同時に支援活動を行うことが大切となるため、フリー・ザ・チルドレン・ジャパンでは、インドのラジャスタン州にある貧困地域の村々で「5つの柱」を軸とした多方面からの支援事業を実施し、持続可能なコミュニティづくりを目指しています。

 

2.CCDマクタニール子どもの家支援

インドの西ベンガル州にある「マクタニール子どもの家」は、現地NGO団体CCDが運営する養護施設です。 児童労働をしていたり、路上で生活していたり、極度の貧困のなかかこくな環境にいる子どもを救出し、子どもが権利を守られ、安心して生活できる環境を提供しています。

フリー・ザ・チルドレン・ジャパンではこの施設で生活する子どもが教育を受けられ、健康的、文化的に過ごせるよう支援をしています。


インドとSDGs (持続可能な開発目標)

インドの人々の生活はSDGs(持続可能な開発目標)がめざしているゴールに対して、どのような課題があるでしょうか。まずは、インドの教育の課題について、動画で一緒にみてみましょう。

インド支援事業についてもっと知る

動画 『キッズパワー ~子ども達の想いと可能性が未来をつくる~』

フリー・ザ・チルドレン・ジャパン団体設立当初からの現地パートナーNPO:CCDが
運営する「マクタニール子どもの家」 のラフル・サルカルくん(2019年当時14歳)のケースストーリーです。
(撮影・編集:Kohei Tatsutomi)

動画 『インドの貧困と子ども達(みんなでつくる連動講座)』

インドの貧困と子ども達について、フリー・ザ・チルドレン・ジャパン代表の中島と、
インドのパートナー団体CCD代表スワパンさんと一緒に学ぶ講座動画です。
なお、サムネイルに「後編」と記載されていますが、
「前編」は上記の「SDGsとインドの子どもたち」と
「キッズパワー ~子ども達の想いと可能性が未来をつくる~」が該当します。
詳細:https://ftcj.org/archives/15138

動画 『インドの子どもと教育~わたしたちが出会ったインドの子どもたち~ (日本語)』

レンガ工場や靴工場に住み込んで働く子どもの様子を紹介しています。
制作:2016年当時の大学生メンバー・東京大学映画製作スピカ1895

動画 『インドスタディーツアーPV(2014年版)』

インドスタディーツアーのプロモーション動画です。

動画 『Adopt a Village/海外自立支援事業 紹介ビデオ』

当団体が行っている農村自立支援の紹介動画です。

動画 『【FTCJ事業】 インド学校建設』

当団体が2013年当時に実施した学校建設事業の紹介動画です。

動画 『Youtubeで知ろう!今わたしたちにできること 〜水と衛生〜』(2016年)

子どもメンバーが水と衛生に関する問題を解説する教材動画です。

It Takes A Child — A Journey into Child Labor ~児童労働をの実態を探るクレイグ少年の旅~

監督:Judy Jackson 制作:Judy Films 制作年:1998年 時間:56分 言語:英語 字幕:日本語

 

児童労働解放のために活動していた、パキスタン人の少年活動家「イクバル・マシー」が12歳で殺害されたとき、カナダに住んでいたクレイグ・キールバーガーも同じ12歳だった。クレイグは、新聞でイクバル少年殺害事件を知り、衝撃を受けた。その後クレイグは、わずか12歳で児童労働問題に取り組もうと活動をはじめ、児童労働に従事する子どもたちに会うために、南アジア5カ国をまわる旅に出た。映像では、クレイグが南アジアやフィリピンを訪問し、働く子どもやNGOとの出会いが収められています。カナダでフリー・ザ・チルドレンを立ち上げたクレイグのドキュメンタリー作品です。

 

FTCJテレビ放映映像集 価格:無料 ※送料等300円がかかります

FTCJテレビ放映映像集

内容

  • 奇跡を起こした少年
  • ある少女の訴え~フィリピンの子ども活動家ピアと日本の子どもたちの交流~
  • NHK首都圏ネットワーク(チョコレートプロジェクト)
  • カナダ人活動家の訴え
  • 世界一受けたい授業(FTC創設者 クレイグ出演)
  • 世界一受けたい授業(元少年兵ミシェル出演)など

※放映後順次追加予定

さまざまな支援の方法があります