【今日は何の日?】7/30 人身取引世界反対デー/World Day against Trafficking in Persons

今日7月30日は、人身取引世界反対デー。

 

世界では2090万人が人身取引(人身売買)の被害にあっていると推定されています。 だまされて性産業や、
過酷な労働に従事させられる人々、 強制結婚をさせられたり、臓器摘出の犠牲となってしまう子どもたちも。

 

今日7/30は人身取引に関する意識を高めようと国連が定めた、人身取引世界反対デーです。

 

人身取引ってなんだろう、世界や日本で起きているのかな?

この問題に対して私に出来ることってなんだろう?

 

あなたも一緒に、国際デーについて考え、

世界で起きている問題に思いをはせてみませんか?

人身取引世界反対デーの教材はこちら

■□■□□□■□■□□□■□■□□□■□■□□□■□■□□□■□■□□□■□■□□□■□■

フリー・ザ・チルドレン・ジャパンでは、国連で定められている

「国際デー」などを参考に、1枚10分以内で考えられる

無料の教材をご用意しております。

↓こちらのリンクからご覧いただけます。↓

ディスカッションのテーマとして、子どもたちが国際に興味を持つきっかけに、

授業の冒頭での活用など、沢山の場面でご活用いただけると幸いです。