【今日は何の日?】8月12日:国際青少年デー / International Youth Day

8月12日:国際青少年デー 無料教材はこちら


1985年、世代間の対話と相互理解を目指すと同時に、平和から経済開発の推進に至るまで、人類の直面する課題を克服する上で、世界のユース(青少年)の持つエネルギーと創造性、自発性を生かすよう呼びかける[2]「国際ユース年(International Year of Youth)」が8月12日[1]から1年間、国連で実施されました。(2回目はそれから25年後の2010年)

 

1990年代に入ると、「国際青少年デーを8月12日に制定しよう」「青少年に関する様々な社会問題を改善・解決するための政策ガイドライン:青年に関する世界行動計画を決めよう」という2つの動きが起こりました。国連広報センターの説明(古いプレスリリース)を引用・補足しつつ、それぞれの経緯を時系列ごとに表へまとめました。

国際青少年デー制定 「青年に関する世界行動計画」採択
1991年5月27~29日にオーストリアのウィーンで開催された第1回「国連システムにおける世界青少年フォーラム」に出席した青少年たちが、8月12日に「国際青少年デー」を設けるよう勧告しました。[3]
1995年の第50回国連総会で「青年に関する世界行動計画」が採択され、教育・雇用・飢餓と貧困・保健・環境・薬物乱用・少年非行・余暇活動・女児と若い女性・参加・グローバリゼーション・情報通信技術・HIV/エイズ・若者と紛争・世代間関係の15の優先領域の課題を改善・解決するための国内行動や国際支援に関する政策枠組みとガイドラインが定められました。[4][5]
(現在は教育、雇用、飢餓と貧困、健康、環境、薬物乱用、青少年の非行、余暇の活動、少女と若い女性、社会生活ならびに意思決定における青少年の完全かつ効果的な参加の全10分野になっています)[3]

1998年8月8日、ポルトガル政府と国連の共催で「第1回青少年に関する世界閣僚会議」をリスボン(ポルトガルの首都)で開催し、8月12日を「国際青少年デー」と宣言する決議が採択され、翌1999年の第54回国連総会で「8月12日を国際青少年デーとする」ことと、「青年に関する世界行動計画」を広く知ってもらうための広報活動を世界中で行っていくことが決まりました。[3][6]

 

現在では、各国の政府/行政やおとなが子ども・ユースにまつわる社会問題により着目してもらうために、国連が毎年異なるテーマを掲げ、世界中で国連が掲げたテーマに沿ったイベント・セミナー・会議などが行われています。

 

(過去のテーマ、2021年8月3日時点で国連HPに残存していたページのみ)
2014年:若者とこころの健康:こころの健康は大切だ(原題:Mental Health Matters)
2015年:若者の市民参画(原題:Youth Civic Engagement)
2016年:2030年に向けて:貧困を根絶し、持続可能な消費生産の達成へ(原題:The Road to 2030: Eradicating Poverty and Achieving Sustainable Consumption and Production)
2017年:若者による平和構築(原題:Youth Building Peace)
2018年:若者のための安全な場所(原題:Safe Spaces for Youth)
2019年:教育の変革(原題:Transforming Education)
2020年:グローバルアクションに向けたユース・エンゲージメント(原題:Youth Engagement for Global Action)
2021年:食糧システムの変革:人間と地球の健康のための、若者のイノベーション(原題:Transforming Food Systems: Youth Innovation for Human and Planetary Health)


「変化・アクションを起こす」「子ども・若者の力」とは何か一緒に考えませんか?国際青少年デーの無料教材はこちら

 

<引用>
[1]公益財団法人日本ユニセフ協会「8月12日は「国際青少年デー」 18カ国以上の若者に調査 3分の2が “いじめにあった経験あり”と回答」(2016年8月12日)

[2]国連広報センター「国際ユース年」(2010年12月22日)
[3]国連広報センター「歴史的視点-「国際青少年デー(8月12日)」」(2000年7月25日)
[4]国連広報センター「国際ユース年 2010年8月12日~2011年8月11日 対話と相互理解」(スライド8枚目)(pdf)
[5]国連デジタルライブラリ A/RES/50/81 (英語版pdf)
[6]国連デジタルライブラリ A/RES/54/120 (英語版pdf、P.3 8.)

 

<参考コンテンツ>

フリー・ザ・チルドレン・ジャパンとは

4つのアクションのステップ

活動のヒント

 

フリー・ザ・チルドレン・ジャパンでは、国連で定められている「国際デー」などを参考に、1枚10分以内で考えられる無料の教材を作成しました。
↓こちらのリンクからご覧いただけます。↓

今日は何の日!? 国際デーから世界のことを考えよう!

ディスカッションのテーマ、子どもが国際に興味を持つきっかけや、授業の冒頭での活用など、沢山の場面でご活用ください!