【今日は何の日?】3月8日:国際女性の日/International Woman`s day

What is the international woman`s day?/国際女性の日とは?

190438日、ニューヨークで女性労働者が労働環境の改善や参政権を求めてデモを行い、1917年のこの日にはロシアでも女性労働者を中心としたデモが起こりました。これらを受けて1975年に定められたのが、この国際記念日です。このように、世界の女性たちは自分たちの権利を守るため、声を上げてきたという歴史があります。日本ではこの日は一般にあまり知られていないが、多くの国では祝っている歴史的な日となっています。

 

 

私の母国モンゴルや隣国のロシアでは国際女性デーは政治的な行事が行われるというよりは、女性の祭日という意味を持つようになりました。この日、男性は女性に春の花束やプレゼントをあげるという習慣があるが、女性がお互いにプレゼントをあげることも多いです。日本の母の日の感覚に近いといった方が分かりやすいと思います。

本来の意味が失われているこの日、当時は不可能であろうと言われていた社会的風習を突き破り、女性自身が立ち上がり、世界に向かって自分の権利を求め、訴えかけ、そして世界に認めてもらった勇気ある行動の日なんです。

今の私たちには当たり前となったいわゆる社会参加を可能してくれました。その意義ある権利を大切にする日です。日本ではこれからの女性の社会参加が大いに期待されている今だからこそ改めて女性の権利とは何か、男女平等の社会とは何かを考え、学ぶ事が重要になって来ました。

女性の権利と聞いて大人だけの問題と決めつけていませんか。未来のレディーとなる女子たち、いずれではなく今から自分自身の社会参加、権利について考えて見ましょう。

 人の能力や可能性を性別だけで決めつけてしまう事は今でも少なくありません。女性の権利はなぜ求められたのか、なぜ今でも大切なのかまた、そのためにあなたが何を出来る事はなんなのかを考えてみましょう。

女性の権利を守るのは女性だけだと思っていませんか。男性ができることもあります。
性の権利が奪われている出来事を世界規模で調べ、視野が広げてみましょう。

以下のリンクから無料の教材をゲットできます↓

今日は何の日!? 国際デーから世界のことを考えよう!