【募集】「こども基本法」と「こども家庭庁設置法」が国会で成立!子どもや若者の皆さんからメッセージを募集します!

 

2022年6月15日、「こども基本法」と「こども家庭庁設置法」が 国会で可決成立しました。

今までフリー・ザ・チルドレン・ジャパン(FTCJ)では、子どもの権利を包括的に守る「こども基本法」の制定を求めて、子どもの皆さんに、アンケートやメッセージを呼びかけたり、国会議員や行政へ声を届けるために関連団体とともに、院内集会や意見交換会を開いたりしてきました。そういった呼びかけに協力してくださった、子どもや若者の皆さんに改めて感謝をお伝えします、本当にありがとうございました!!

子どもの権利の主体である、子どもの皆さんが声をあげてくださったことが影響して、今回「こども基本法」の成立につながったと私たちは思っています。また、皆さんが自分の体験を含めてそれがたとえ辛い体験だったとしても共有したり子どもの権利を守るために発言してくださったことに重ねて敬意を表するとともに、子どもの声に耳を傾けることの大切さを団体としても実感することができました。

 

子どもの権利条約批准から28年、ようやく日本が子どもの権利に言及し、子どもの声を社会のしくみに生かしていくことを決めたことをとてもうれしく思います。この日をスタート地点に、もっともっと子どもが輝く社会となるように活動していきたいと思います。

そこで!
こども基本法の成立を歓迎するとともに、子どもの権利を基盤とする国の施策が進むことを願い、子どもや若者の皆さんから改めてこの度メッセージを募集します。

全ての子どもが、暴力や虐待やいじめや差別や偏見から守られ自分らしく豊かな子ども時代をおくれるようにするために、私たちは「こども基本法」を基盤に引き続き活動していきたいと考えています。

FTCJに寄せられたメッセージは全て、団体ブログ等にてご紹介していきます。その他に、国会議員や行政関係者へ届けていく予定です。(その時は別途ご連絡します。)

メッセージは、下記のURLにアクセスしてお寄せください。
https://ws.formzu.net/dist/S81314226/

メッセージの一次締め切りは、7月5日です。
皆さんからの声を、お待ちしています!