*募集締切しました*【4/10 22:00締切】*中高生世代募集!*国会議員に直接世界の教育状況を伝える!【政策提言】

 

こんにちは!
フリー・ザ・チルドレン・ジャパン事務局です。

5月に開催される【国会議員のための「世界一大きな授業2019」】に、先生役として参加したい中高生世代の青少年を募集します。
「世界一大きな授業」は、教育の現状を世界中で同じ時期に学び、教育の大切さについて考える世界規模のプロジェクトです。
日本で行われる「世界一大きな授業」の1つが、【国会議員のための「世界一大きな授業2019」】です。

昨年の様子

「国会議員」の方を「生徒」として迎え、中高生世代の青少年が「先生」となって開発途上国の教育状況や日本の教育援助について伝えるワークショップやスピーチを行います。
国会議員の方と一緒に世界の教育について考え、政策提言を行えるチャンスです!

皆様からのご応募お待ちしております!!

【募集内容】
世界一大きな授業 2019 国会議員のための「世界一大きな授業」中高生世代チームメンバー募集

◆応募資格
・2019年5月時点で、日本の中学・高校の学齢期にあたる12歳から18歳までの青少年であること
・下記のスケジュールにある都内での4月14日(日)の事前学習・ワークショップ及び本番に必ず参加できること
・下記スケジュールにある都内でのそれ以外の活動日程に可能な範囲で参加ができること
・JNNEの政策提言(4点※下記参照)への賛同していること
・顔(及び、生徒の場合は制服)が分かる写真・動画での撮影が可能であること
※準備や議員会館でのイベントへの旅費交通費は原則自己負担となります。

◆こんなあなたにおすすめ!
・世界で起きている教育問題に興味がある
・人前でのスピーチなどが好き、もしくは挑戦したい
・国会議員に教育への思いを伝えたい
・不安はあるけれど、一歩踏み出してみたい(*フリー・ザ・チルドレン・ジャパンでサポートします!!)

◆応募方法
以下のURLにアクセスし、必要事項をご記入後、課題作文を添付のうえ、ご応募ください。
https://ws.formzu.net/fgen/S63613833/ *募集締切ました*
応募締切:4月10日(水)22:00
結果発表:4月11日(木) 11:00

◆課題作文について
申込の際に以下の4点について、あわせて1000字程度で記入した課題作文を添付してください。※添付ができない場合は、コメントボックスに記入してください。
テーマ:
1 参加希望理由
2世界及び国内における教育に関して、あなたが解決しなければならないと感じていること
3 これまでに、社会問題に対してあなたが起こした行動について
4 国会議員に伝えたいこと

◆スケジュール
4月14日(日)10:00-18:00 事前学習会、ワークショップ体験会、打ち合わせ@ガールスカウト会館、及び周辺施設(幡ヶ谷)
4月21日(日)10:00-16:00(仮) 打ち合わせ(授業作り・練習)@フリー・ザ・チルドレン・ジャパン オフィス(千歳烏山)
4月28日(日)10:00-16:00(仮) 打ち合わせ(授業作り・練習)@フリー・ザ・チルドレン・ジャパン オフィス(千歳烏山)
5月6日(祝) 10時-16時(仮) 打ち合わせ(授業作り・練習)@フリー・ザ・チルドレン・ジャパン オフィス(千歳烏山)
5月10日(金) 18:00-20:00 リハ―サル@議員会館(永田町)
5月15日(水) 16:30-18:30 本番@議員会館(永田町)
6月中旬 振り返り@フリー・ザ・チルドレン・ジャパン オフィス(千歳烏山)
*その他、国会議員への挨拶などが予定されています。
2020年1月もしくは3月 フリー・ザ・チルドレン・ジャパンの活動報告会への参加

【参考】

イベント名: 国会議員のための「世界一大きな授業」
イベント概要:
世界一大きな授業は持続可能な開発目標(SDGs) の4番目のゴール「教育目標」を達成するための世界最大規模のキャンペーンです。世界100か国以上の子どもたちが同時期に世界の教育について考えています。
2010年からは、中高生が「先生」となって「生徒」である国会議員に向けて「国会議員のための世界一大きな授業」が実施されています。
昨年度は、過去最多の24名の国会議員の方が生徒として参加してくださり、アクティビティやワークショップを通じて世界の教育についての授業が行われました。

<昨年の様子はこちら>

ブログ:http://ftcj.jugem.jp/?eid=1942
You Tube:https://www.youtube.com/watch?v=5ITGrVEI4t8
また、世界一大きな授業を主催する教育協力NGOネットワーク(JNNE)は、授業を通じて、以下の4点を日本政府に提言しています。
1)日本からの途上国への援助は小学校などに対して少額なのでもっと増やすこと
2)紛争後の混乱のある国や、より貧しい国への援助に力を入れること
3)先生の給料を支援することで教育を受けられる子どもが増えること
4)豊かな国の一つとして、国際社会が取り組むグローバルパートナーシップ基金(GPE)にもっとお金を出すこと
引用: 世界一大きな授業2018<http://www.jnne.org/gce2018/about.html#about-diet>

首都圏に住んでいない…」「忙しくてミーティングなどに参加できない」という人にも朗報です! こんな参加方法もあります!


■発信メンバー■
自分の住んでいる地域の国会議員に、「国会議員のための世界一大きな授業2019」に参加するよう手紙で呼びかけたり、SNSでの発信でイベントを盛り上げることも大歓迎!
発信メンバーとしての参加を希望する人は、以下のフォームからお申込みください。
https://ws.formzu.net/fgen/S44242452/
全国の皆様からのご応募お待ちしております。
*申込み締切 2019年4月30日(火)22:00