【今日は何の日?】2月21日: 国際母語デー/International Mother Language Day

2月21日:国際母語デー

1999年11月17日、国際連合教育科学文化機関(ユネスコ)の第30回総会で「人類が使う、全ての言語の保存・保護を推進する」ことを目的に定められました。[1]

かつてイギリス領だったインドは、1947年8月14日にインドとパキスタンに分離・独立したのですが、当時のパキスタンは、西パキスタン(現在のパキスタン・イスラム共和国)、東パキスタン(現在のバングラデシュ人民共和国)という、1,000km以上も離れた別々の地域で構成された状態で独立しました。[2]

 

そのため、生活様式や文化・宗教・構成する民族などの多くの物事が大きく異なっており、特に言語の違いが両地域の間で大きな摩擦になっていました。当時の西パキスタンでは主にウルドゥー語が話されていましたが、東パキスタンでは主にベンガル語が話されていました。

 

政府機能は西パキスタンにあったため、当時のパキスタン政府は、ベンガル語を話す東パキスタンの人たちに「これからはベンガル語ではなく、西パキスタンで使っているウルドゥー語で会話・読み書きをしてください。学校やメディアも全てウルドゥー語を使ってください。ベンガル語は使ってはいけません。」と、使っている言語の矯正を強制しようとしたのです。

 

勿論、こうした動きに対して東パキスタンの学生たちから強い反発が起こり(「ベンガル語国語化運動」とも呼ばれています)、当時のパキスタン政府は「政府に反する行為をしたら射殺する」と、東パキスタンの学生達の抗議・デモの弾圧・封じ込めを図りました。1952年2月21日、東パキスタンの学生たちは、当時のパキスタン政府の圧力に屈せず、現在のバングラデシュの首都ダッカ(ダッカ大学)で抗議集会を行いました。しかし、そこでデモを行っていた学生4名が警察に射殺されてしまいました。[3]

 

(補足)
射殺された4人を追悼する慰霊・記念碑「ジョヒド・ミナール」がダッカに建設され、複数回の破壊・再建を経て現在に至っています。このジョヒド・ミナールはバングラデシュ以外の国にもレプリカがあり、日本でも池袋西口公園にバングラデシュ政府から2005年に寄贈されたレプリカがあります。[4]

 

この出来事をきっかけに、ベンガル語国語化運動は大きく拡がった結果、1956年に公布・施行された当時の憲法(パキスタン・イスラム共和国憲法)では、ウルドゥー語・ベンガル語双方が国語(公用語)として指定されました。

 

その後、ベンガル語国語化運動は東パキスタン独立に向けた動きに繋がり、1971年のバングラデシュ独立戦争(後にインドが介入し「第三次印パ戦争」へ発展)を経て、東パキスタンはバングラデシュとして独立し、2月21日を「言語運動記念日」という祝日に定めました。バングラデシュでは、毎年2月21日に全土で慰霊祭や言語・教育・文化などに関するイベントが行われたり、この出来事の歌「エクシェ・フェブラリー」を歌ったりしています。[5][6]
これにちなみ、1999年11月17日にユネスコで国際母語デーが制定されました。

 

世界史を辿ってみると、立場の強い・数が多い方の言語や文化を、立場の弱い・数が少ない方へ強制する「同化政策」が多くの国々で行われてきました。信仰している宗教や言語だけではなく、名前などの自らのルーツに関わる個人情報も強制的に変えさせられる事例も起きています。

 

近代日本でも、沖縄や北海道のアイヌ、近隣諸国の人々などに対し、固有の文化や風習を禁じたり、名前を日本風の名前に変えさせたり(「創氏改名」と呼ぶこともあります)、日本語を使うことを強制させるなどの同化政策が行われていた過去があります。

 

こうした同化政策によって、現在も国家間の対立が続いていたり、同化政策を受けた地域や国の文化や言語が消滅の危機に瀕し、保護が必要な状態になってしまったりするなど、多くの「負のレガシー」を遺してしまっているのです。

 

もし、私たちが突然「明日から学校も役所も全て別の言語になります。会話や読み書きも日本語を使ってはいけません。」と強制されたらどんな思いになるでしょうか。
「苗字も名前も変えてください」と強制されたらどれだけ悲しい思いをするでしょうか。
もし、「明日から方言は禁止です。共通語しか使えません。」といわれたら、「かわいい」と「めんこい」や、「寒い」と「しばれる」といった、細かいニュアンスの違いや、それぞれの地理や文化なども表現できなくなってしまいます。

 

母語を守ることは、単に言葉の存在を守るだけではなく、その母語を使う人々の文化や風習、考え方、そして心などの多くの物事を尊重して守っていくことでもあるのです。

 

世界の言葉や文化を守るため、私たちにどんなことができるのか一緒に考えませんか?
国際母語デーの無料教材はこちら

 

<参考・引用>
[1]国連総会決議 A/RES/56/262(国連デジタルライブラリ)(英語、2ページ目の12.)
[2]外務省HP「わかる!国際情勢 Vol.35 パキスタンという国~世界の平和と安定の要
[3]公益財団法人シャンティ国際ボランティア会ブログ(2017年2月21日)
[4]豊島区役所 広報としま 2019年11月号(5ページ右下)
[5]特定非営利活動法人シャプラニール=市民による海外協力の会ブログ(2007年2月21日)
[6]特定非営利活動法人アジアキリスト教教育基金ブログ(2017年2月21日)

■□■□□□■□■□□□■□■□□□■□■□□□■□■□□□■□■□□□■□■□□□■□■

 

フリー・ザ・チルドレン・ジャパンでは、国連で定められている「国際デー」など

を参考に、1枚10分以内で考えられる無料の教材を作成しました。

↓こちらのリンクからご覧いただけます。↓

今日は何の日!? 国際デーから世界のことを考えよう!

 

ディスカッションのテーマ、子どもが国際に興味を持つきっかけや、

授業の冒頭での活用など、沢山の場面でご活用ください!