【今日は何の日?】10月17日:貧困撲滅のための国際デー/International Day for the Eradication of Poverty

貧困撲滅のための国際デーをご存知ですか?

1987年10月17日、10万人を超える人々が極度の貧困、飢餓、暴力の犠牲者に敬意を表すために
集まったことをきっかけに、1992年12月22日の国連総会で制定[1]されました。

世界では約7億人[2]が極度の貧困の中で生活し、飢餓に苦しんでいます。
毎日約15,000人の子どもたちが5歳の誕生日を迎える前に予防可能な死因で命を落としており、
その約半数は新生児です[3](数値はいずれも2017年時点のもの)

また、貧困問題は途上国の問題と考えがちではありますが、
日本国内でも、ホームレスや子どもの貧困など、貧困問題はたくさん起こっています。

貧困撲滅のための国際デーに、どんなアクションを起こしますか?
友達や家族と貧困について話してみる、ブログやフェイスブックに投稿してみる、
インターネットで調べてみる…など、みんなでアクションを起こすことで、
少しずつ、世界は変わっていくと信じています。

貧困撲滅のための国際デーの教材はこちらをクリック!

\TAKE ACTION! and…/

引用
[1] 国連ウェブサイト(英語)
[2] 世界銀行統計(PovcalNet)(英語)
[3] ユニセフウェブサイト

—————————————————————————

あなたも一緒に、国際デーについて考え、世界で起きている問題に思いをはせてみませんか?
アクションはその他にも!

<知る・買う・広める・参加する>

あなたにできるアクションから始めよう!

■□■□□□■□■□□□■□■□□□■□■□□□■□■□□□■□■□□□■□■□□□■□■

フリー・ザ・チルドレン・ジャパンでは、国連で定められている

「国際デー」などを参考に、1枚10分以内で考えられる

無料の教材をご用意しております。

↓こちらのリンクからご覧いただけます。↓

ディスカッションのテーマとして、子どもたちが国際に興味を持つきっかけに、

授業の冒頭での活用など、沢山の場面でご活用いただけると幸いです。