インド・ラジャスタン州-村の自立を応援するプログラム-

ラジャスタン州の村の抱える課題と支援

私たちはインドのラジャスタン州にある地域と連携し、この支援プログラムを行っています。

この地域の村はどの町からも離れていて、他の村からも孤立しているため、村人は独自の文化や習慣に従って暮らしていました。もともとはカースト制度も持たない地域だったのですが、インド社会全体のカースト制度導入によって、職業や政治的な面で色々な区別が生まれるようになり、村人たちはこういった現代社会の変化への対応にとても苦労しています。

 

ラジャスタン州は、環境や経済、社会的にも様々な問題があります。インド、特にラジャスタン州では、女の子の識字率は比較的高い一方で、性差別の問題は深刻です。そして児童労働に従事している子どもたちもたくさんいます。

 

経済状況

この地域の村の主な産業は、農業。
トウモロコシ、小麦が主に生産している作物ですが、この地域はとても乾燥しているため栽培は雨季のみに限られます。これらの作物は村の中のみで消費されてしまい、外の市場に売って収入を得られるほどの収穫がないのが現状です。

 

そして、雨が降らない時期は牛を育てて家計をやりくりしますが、これだけでは生活ができないため、多くの村人が町へ出稼ぎに行っています。出稼ぎに行く 人の多くは、ウダイプールの町の工場、工事現場などで肉体労働に従事しています。 また、村の中で政府の開発事業(道路建設)などの仕事をする人もいます。

その他に、違法とされているお酒の製造に関わっている村人もいます。このお酒は町で高く買われ、村の大きな収入源となってしまっています。

 

児童労働の現状

男の子は12歳くらいになると、町へ出稼ぎに行きます。
多くは工場で働いたりや店の清掃、レストラン店員、工事現場などで働いています。子どもの給料は とても低く、また仕事は過酷です。そしてほとんどの場合は家族と引き離されて暮らさなければなりません。村の子どもの2人に1人はこういった児童労働に従 事しています。


また、女の子は12~16歳くらいで結婚することが多く、結婚の印である鼻輪をつけた若い女の子たちが村の工事現場で働いているのは、よくみる光景です。女の子は、結婚もしくは小学校を終えたら、家計を助けるためにフルタイムで働くのは当たり前とされています。

“男女に関わらず働き手が必要”とはいうものの、実際には女の子が先に学校をやめさせられ、働くことを求められることがほとんどです。多くの女の子は小学校4年生までで学校を中退し、働くか兄弟の面倒を見なくてはなりません。

 

教育

この地域の村の多くは、学校がありません。

そのため、遠くの学校まで歩いて通わなくてはならず、卒業する前にドロップアウトしてしまう子どもが大勢います。
また、学校の教室や先生の数、教科書、机、椅子などの設備も整っておらず、教育の質がとても低いのが現状です。そういったことから、親たちの中には「こんな学校に子どもを通わせるのは時間の無駄」という意見も多く、子どもを学校に行かせず家の手伝いや仕事をさせているという家庭も多いのです。

 

地域の医療の現状

あまり交通の便が良くないところにあるので、近くに病院やクリニックは1つもないので、村人は十分な医療サービスを受けることがなかなかできない状況です。

インド伝統のアーユルベーダやハーブなどを使った治療法を知る村人もいないので、近代的な医療に頼るしかありません。そのため、村人が何か病気にかかったり、工事現場で事故にあったりした時は、バスに乗って遠くの町の病院まで自力で行かなくてはならないのです。村では特に、アルコールによる病気や不衛生な環境によって皮膚病などにかかる人が多くいます。

 

過去の支援レポート

2012-2014年保健衛生プロジェクト

2014年ウダワド村スクール・ガーデン

2013年ウダワド村コミュニティ・ヘルスレポート

最近の活動レポートはこちら

 

ケースストーリー

9才のマンジュは、フリー・ザ・チルドレンが建設した学校に通う生徒の1人です。学校の先生から刺激を受け、将来大人になったら自分も学校の先生になって村をを助けたいと思っています。

マンジュは毎朝6時に起き、大好きな学校へ通います。好きな科目は英語。ライティングやリーディングの教科も好きです。

10時に学校の給食室で用意されたランチを食べて、休憩をします。 学校はお昼で終わり。しかし、お友達とたくさん遊ぶ時間はありません。なぜなら、午後は勉強と両親の農場で牛の世話のお手伝いをするからです。夕方は水くみに行き、火おこしをして、夕食の準備を手伝います。

前は水を汲みに数キロ離れたところまで歩き、重い水がめを一人で運んでいました。それが一日かかってしまうこともあったので、学校にいけないこともありました。しかし今は近くで水を汲めるので、学校に行きながら家族のお手伝いをできるようになりました。

夜7時、みんなでご飯を食べます。お家の掃除をしながら、兄弟にどんな日だったかを聞くのが日課です。ごはんの後も、少し時間があれば、勉強をして、9時30分には就寝します。

レイ村で学校建設や井戸建設ができたことで、マンジュは学校にいき、教育を受けられるようになりました。現在もマンジュは学校の先生になるため、夢を追いかけています。