【今日は何の日?】12月1日:世界エイズ・デー/World AIDS Day

世界エイズデー(World AIDS Day:12月1日)は、世界レベルでのエイズのまん延防止と
患者・感染者に対する差別・偏見の解消を目的に、WHO(世界保健機関)が
1988年に制定したもので、毎年12月1日を中心に、
世界各国でエイズに関する啓発活動が行われています。[1]

エイズとは、後天性免疫不全症候群(acquired immunodeficiency syndrome)の病名の略語で、
1981年に初めて確認[7]されました。

ヒト免疫不全ウイルス(human immunodeficiency virus;HIV)というウイルス
感染することで発生する病気ですが、
HIV感染=AIDSではありません[2]
HIV感染からAIDS発症までは以下のような経過をたどります[7]

 

・HIV感染者との性行為
・不衛生な輸血や注射器具の使い回し(覚せい剤の回し打ち)
・HIVに感染した母親の胎盤・産道・母乳[5]などからの母子感染 など
によってHIVに感染する[2]


免疫力(体外から入ってくるウイルスに対する防御力)が低下、
数週間以内にインフルエンザのような症状が出る(感染初期/急性期)
(その症状がHIVが原因なのか、インフルエンザウイルスなどの他のウイルスが原因なのかは、
HIV検査などの検査を受けないと判断できない)

数年ほど自覚症状が出ないので、知らないうちに免疫力がさらに低下(無症候期)

健常者の免疫力であれば感染しない、感染力の弱い病原性の微生物
(緑膿菌やヘルペスウイルスなど[3]による
(日和見(ひよりみ)) 感染症にも
かかるようになり、
特定の感染症(指標疾患)[4]に感染していることが分かったら
エイズを発症したと診断される(エイズ発症期)[2][6]

 

エイズに対する治療方法は徐々に発達しており、不治の病ではなくなりつつありますが、
HIVを体内から完全に排除する治療法はまだ確立しておらず、
薬を服用し続けて、HIVが体内で増殖するのを防ぎ、免疫力を維持することが
現在の主な治療法になっています。また、エイズは発見が遅くなるほど
治療が困難になるため、早期発見がとても大切です[7]

 

エイズは医療の問題だけではなく、社会問題の側面も持ち合わせています。
(もちろん、エイズに限らず、他の感染症にも言えることです)
エイズがどのような病気かまだ分かっていなかった1980年代頃、
皮膚感染(握手や吊り革など、「触っただけで感染する」こと)、空気感染するなど、
間違った情報・誤解・偏見が広まっていました。

 

こうした誤解や偏見によって、「触るな・近寄るな」といったいじめ・差別や、
就職・居住・診療などの拒否など、HIV陽性者・エイズ患者への深刻な人権侵害が未だ続いています。

 

 

こうした人権侵害・社会問題に対し、「レッドリボン」運動が世界中で行われています。

 

ヨーロッパでは、古くから病気や事故で亡くなった人々への追悼を表すのに
赤いリボンを用いていました。

 

エイズが社会問題として表面化してきた、1990年頃のアメリカ・ニューヨークで、
エイズで亡くなるアーティストが増えていました。
エイズで亡くなった仲間たちへの追悼と、エイズに苦しむ人々への理解と支援の意思を示すため、
赤いリボンをシンボルにした運動が始まりました。[1][9]

 

赤いリボンを身に着けることで、「私はエイズに関して偏見を持っていない、
エイズとともに生きる人々(PWH/PHA/PWA/PLWHA[8]と表記されることもあります)を差別しない[1]
というメッセージを発信することができます。

 

エイズの感染拡大を防ぎ、偏見や差別をなくすために、
私たちにどんなことができるのか考えてみませんか?
世界エイズ・デーの無料教材はこちら

<参考・引用>
[1]厚生労働省ウェブサイト「12月1日は「世界エイズデー」」
[2]エイズ予防情報ネット
[3]ヤクルト中央研究所ウェブサイト
[4]厚生労働省ウェブサイト「感染症法に基づく医師及び獣医師の届出について」
[5]国立感染症研究所ウェブサイト
[6]HIV検査相談マップウェブサイト
[7]政府広報オンライン
[8]特定非営利活動法人ぷれいす東京ウェブサイト
[9]公益財団法人エイズ予防財団ウェブサイト

 

■□■□□□■□■□□□■□■□□□■□■□□□■□■□□□■□■□□□■□■□□□■□■

 

 

フリー・ザ・チルドレン・ジャパンでは、国連で定められている「国際デー」など

を参考に、1枚10分以内で考えられる無料の教材を作成しました。

 

↓こちらのリンクからご覧いただけます。↓

今日は何の日!? 国際デーから世界のことを考えよう!

 

ディスカッションのテーマ、子どもが国際に興味を持つきっかけや、

授業の冒頭での活用など、沢山の場面でご活用ください!