シエラレオネ

11年もの間、内戦が続いた国

シエラレオネでは、内戦が1989年から11年続いていました。2000年に内戦が終結しましたが、紛争の影響を受けた地区では学校が崩壊され、子どもたちが教育を受けることができない状況が続きました。

長く続いた内戦の間に、学校だけではなく、家、病院、水道など生活の基礎となる設備の多くが破壊されてしまいました。その地域に住む人々は内戦が終わって数年たっても政府から援助はほとんどなく、厳しい生活を送り続けています。

フリー・ザ・チルドレンでは、現地のNGOとパートナーを組み、シエラレオネで内戦の被害を受けた子どもたち、家族や友人をなくした子どもたち、障害をもった子どもたちを対象として、元の生活に復帰できるよう支援を行っています。

知っていますか?

37.8%
シエラレオネでは、5歳から14歳の子どものうち、37.8%の子どもが経済活動を行っています。(ILO, 2013)

 

52.2歳
シエラレオネの人々の平均寿命は52.2歳です。(CIA World Factbook, 2015)

 

48.1%
15歳以上のシエラレオネ人のうち、文字の読み書きができるのは48.1%です。(CIA World FactBook, 2015)

フリー・ザ・チルドレンの取り組み

支援の目的

①地域の人々に自分たち、子どもたちのために今、そして未来にむけ、貧困から抜けだす知識、技術、手段を教える。

②戦争の影響を受けた地域で、人々と子どもに安心して子どもらしくいられる場所と、教育と癒しを与える活動をする

村の自立を応援するプログラム(Adopt a Village)

貧困を生み出す要因は、複数あります。ですから、貧困を解消するための解決策は一つではなく、様々な側面から同時に支援活動を行うことが大切だとフリー・ザ・チルドレンは考えています。

そこで、わたしたちは貧困地域の人々が生きるために必要な基本的ニーズ(衣食住、教育、保健、労働)が満たされ、子どもが教育を受けられるよう、「5つの柱」を軸とした、村の自立を応援する支援プログラムを開発し、持続可能なコミュニティづくりに向けて活動しています。

シエラレオネでの分野別実施事業

■教育:学校建設と修復、教師の養成研修と給与の助成、学用品、教科書などの配給

■水と衛生:水道ポンプ、トイレ、手洗い所、水と衛生についての教育

■保健:ベッドカーテンを配給、てんかんの対処法を学習

■収入確保:畜産、職業訓練

 

ケースストーリー

2005年、コノ地区で読み書きできる男性は20%、女性は10 %でした。90%の子どもが学校には行っておらず、エリアによっては学校さえないところもありました。

学校が少ないため、1人の先生が67人の生徒を教えている状況でしたが、フリー・ザ・チルドレンが小学校、中学校を建設し、700人以上の子ども達が学校に通えるようになりました。また、先生に研修を実施することで、どの学校でも教育の質を保つことができるようになりました。

コミュニティ支援を通じて次第に地域の人々は女の子にも教育が必要だということを理解し始め、女の子も学校に通うという選択肢ができました。11年続いた内戦はとても残虐なものでしたが、再び住民の活力が地域再建・活性化につながっています。

ご寄付はこちらから