個人、グループで

はじめてみよう!あなたにできること。

フリー・ザ・チルドレンは「何かをしたい」というそんなあなたの気持ちを応援しています。
好きなこと、得意なことを活かして、楽しい気持ちでできる活動をさっそくスタートしてみよう!

 

メッセージ

グループとして活動するためのヒント 大学生・専門学生・院生の皆様へ活動のヒント

Get educated -学ぼう-

調べてみよう

新聞・テレビ・本・ネット・動画など手に届くところから情報を集めてみましょう。を学校や近くの図書館で本を借りてみてもいいですね!
フリー・ザ・チルドレン・ジャパンでも児童労働等に関する書籍や映像をいくつか紹介していますので、まずはそちらからチェックしてみてはいかがでしょうか?

書籍を見る
W動画を見る

登録しよう

メンバー登録や、毎月2回配信しているメールマガジンに登録をすると、定期的に世界のこどもたちの情報を受け取ることができます。登録はとても簡単です。
是非、この機会に登録してみてくださいね!

詳細はこちら

行ってみよう

「本やネットで調べてみたけれど、いまいち分からない」「自分の目で見ていたい!」「活動ってどうやるの?」とお考えですか?
そんな方には是非、キャンぺーン、イベント等に行ってみることをオススメします。学びながら思いっきり楽しみましょう!

過去の事例

チャリティーマラソン大会に参加しました
1年の活動の締めくくり 活動報告会

呼んでみよう

「調べるだけでは物足りない」「実際に話を聞いてみたい!」ともっと積極的に学びたい方は、講演会に足を運んだり、出張講演を依頼してみてはいかがでしょうか?
分からないことはどんどん質問しましょう。

詳細はこちら

過去の事例

出張授業・ワークショップ

Get involved -参加しよう-

フェアトレードで協力しよう

積極的にフェアトレード商品を選ぶ、というあなたの小さな行動から変化は生まれます。
5月はフェアトレード月間です。お友達やご家族へのプレゼントをフェアトレード商品にするのもよし、身近なアクセサリーやバッグをフェアトレード商品にするもよし。周りの人にも広めれば、変化はさらに広がっていきます!

詳しくはこちら

文通プログラムに参加しよう

フリー・ザ・チルドレン・ジャパンの支援地域の子どもとお手紙のやりとりができる、文通プログラムに参加しませんか?
お友達になって、インドやフィリピンのことたくさん聞いてみましょう!

詳細はこちら

スキルアップしよう

より効果的に活動するために、自身のスキルを高めてみませんか?
大学生以上対象の教育インターンシッププログラムに参加することで、ファシリテーション能力だけでなく、スピーチやイベント運営方法などのスキルが身につきます。

詳細はこちら

過去の事例

ファシリテーター養成講座開催!

スタディーツアーやキャンプに参加しよう

「自分から活動するのは難しそうだけど、何かしてみたい!」という方は、 キャンプやスタディーツアーに参加してみてはどうでしょうか?
体験しなければ分からないことも学べる絶好のチャンスです。同じ関心を持つ人が集まる場に行くことで、新たな発見や他にできそうなことが見つかるかもしれませんね。

詳細はこちら

過去の事例

フィリピンスタディーツアーに参加しました
世界を学び世界を変える テイク・アクション・キャンプ・ジャパン

ボランティアをしよう

「目に見える形で協力したい!」という方は、積極的にボランティアをしてみましょう。
オフィスやイベントのボランティアに参加してみませんか?ボランティアに決まった形はありません。「これはできるかな?」というアイデアがあれば、気軽にご相談ください。

過去の事例

国内最大級の国際協力イベント グローバルフェスタ
中学1年生のボランティア日記

メンバーとして活動しよう

全国のメンバーは、募金活動やイベントを自ら企画するなど、積極的に活動しています。
他のメンバーとアイデアを出し合い、児童労働撲滅や生活環境の改善に向けて、子どもだからこそできること、始めてみませんか?「とにかく何かしたい!」と思ったら、まずはメンバー登録を!!

過去の事例

フラッシュモブを実施しました
BringBackOurGirls

Speak Up -伝えよう-

シェアしよう

インターネットで調べたことをSNSなどでシェアしてみましょう!読んだ本やよかったと思う動画をシェアしてもいいですね!あなたの1クリックが大きな影響力を持つことになるかも…?
シェアしておくことで自分がどのようなサイト・本・動画を見たのかを記しておくこともできますね。

家族や友達、先生と話してみよう

調べたことや自分の考え、やってみたいことなどは、どんどん周りの人に話してみましょう。
話してみると新たな発見があったり、活動のためのアドバイスをもらえるかもしれません。アイデアの輪を広げることで、より良い活動の輪を広げていきましょう!

活動報告をしよう

個人でやってみたこと、メンバーとして行動したこと、作文コンテストに入賞したなどなど、気軽に報告してください!
ニュース・レポートのページに報告として載せることができます。報告を載せていれば、広報にもつながり、サポーター、仲間が増えるかもしれません!

報告はこちらから

自分の想いを発信しよう

次のステップとして、情報源だけでなく、自分のアイデアや考えも発信してみましょう!
難しく考える必要は全くありません。SNSやブログで気軽に発信することができます。自分の言葉にすることで、誰かに伝えるだけでなく、学んだことを身につけ、考えを整理することにもなります。一石三鳥!

学校で発信しよう

学校での作文やスピーチは、クラスや学年など、より多くの仲間に伝えることのできる絶好のチャンスです。
是非、児童労働や世界のこどもたちの生活環境を取り上げてみましょう!コンテスト等に入賞すれば、さらに多くの人に伝えることができます。積極的に参加してみましょう!

過去の事例

クラスで児童労働ついてスピーチをしました
国際協力ワークショップを実施しました(北九州大学)

貯金して寄付しよう

まずは自分で寄付してみましょう!節約はもちろん、自分で作ったものを販売したり、貯金することで寄付するお金を集めることもできます。1円玉募金キャンペーンも是非チェックしてみてください。
周りに呼びかけてみれば、より多く集まるかもしれませんね。あなたのご協力、お待ちしております!

過去の事例

詳しくはこちら

はがきで寄付しよう

書き間違えてしまった年賀ハガキや、昔買ったけど使っていないハガキが、お家に残っていませんか?
小さながハガキがたくさん集まると、大きな力となって、世界中の子どもの生活や活動支えることができます。
年賀状や暑中見舞いの時期にぴったりの活動です!

詳細はこちら

募金活動をしてみよう

家族やクラス・部活動の友達と一緒に募金活動をしてみましょう。街や学校で行ったり、近くのお店に募金箱を設置してもらうようにお願いするなど、方法は様々です。思い出になること間違いナシです!
より良い募金にするために、過去の活動例や活動方法のキットを是非参考にしてみてくださいね。

過去の事例

水支援のために街頭募金を行いました(大阪暁光高校)
募金活動を行いました(北海道教育大学付属札幌中学校

商品販売で資金調達

「子どもにできる資金調達は、個人的な寄付や募金活動だけではありません。実際に何かを売ってみることでお金を集めてみませんか?
当団体では、フェアトレード商品の委託販売も行っています。是非、文化祭や地域のイベントなどで まずは、どんな商品があるのかチェックしてみましょう。

フェアトレード商品委託販売詳細はこちらから

過去の事例

文化祭でフェアトレード商品を販売しました(相模原女子大学高等部

好きなこと・得意なことでFUNdraising!

自分の得意なことを活かして、どうやって資金調達するか計画し、実行しよう!必要に応じて、周りの大人にもサポートしてもらおう!

過去の事例

パンやお菓子を販売しました(香川)
シーサーを販売して資金調達!

Make Your Impact -主体的に活動しよう-

グループを作ろう

メンバーが集まることで、活動の幅、活動の規模がぐんと広がります。グループを作って活動してみましょう!人数や年齢にルールはありません。
まずは関心のあることや、やりたいことを友達に話してみることから!行動範囲が広がること間違いナシですね!

グループとして活動するためのヒント

イベントを開催しよう

個人やグループ内での活動も大切ですが、イベントを開催すれば、より多くの人を巻き込むことができます!イベントを通して、世界の子ども事情を広めたり、支援のための資金調達をしてみませんか?
企画・準備・実行・振り返りまで全ての行程を自分たちでやってみることが、とても良い経験になるでしょう

過去の事例

チャリティーフットサル大会を実施しました(拓殖大学)
MiniWedayを実施しました

出張授業やワークショップをしに行こう

学校で教えてもらうだけが子どもの役割ではありません。子どもにだって人に何かを教えることはできます!
先生や地域の人にお願いして、ワークショップや授業をしたり、スピーチをする機会を得てみましょう!また、当団体ではワークショップを開催するためのプログラムも用意しています。ぜひ、ご参加ください!

過去の事例

母校の小学校でスピーチを行いました
母校の高等部でワークショップを実施しました

チームリーダーになろう

「メンバーとしては活動しているけれど、何か物足りない!」という方は、ぜひプロジェクトチームリーダーになってみませんか?
リーダーは大変なことも経験することがつきものですが、その分貴重な経験ができたり、行動範囲が広がります。学んだことは、活動以外の場でも必ず役に立ちます。ぜひ挑戦してみましょう!

未来につなげよう

「大人になったら何ができるかな?」個人で、グループで、メンバーとして活動したことを学校を卒業した後につなげていきましょう。みなさんの素敵なアイデアが未来につながっていくことで、世界に変化をもたらす力が生まれます。また、新しい子どもの活動を一緒にサポートしませんか?

未来につなげよう