インドスタディツアーレポート1日目、2日目、3日目

こんにちは。フリー・ザ・チルドレン・ジャパン(FTCJ)のスタッフとして今年の7月から働いている福井雄一です!

今夏、FTCJ主催のインドスタディツアーが実施され、僕も参加しましたのでご報告します。今回は8月8日~15日までのツアーで中学生から社会人までの12人が参加しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1日目

成田空港を出発し、9時間かかってデリー空港に着きました。その後デリーにある宿泊先のホテルまでバスで移動しました。途中、すごい交通渋滞で中々前に進むことが出来ませんでしたが無事ホテルに到着し、みんなで夕食にインド料理を堪能しました!インドと言えば、カレーですね。様々な種類のカレーとナンを薄くしたチャパティを食べました。参加者の皆さんはインドのカレーは辛い~といいながらも美味しく頂きました。 その後は皆さんと自己紹介ゲームをして早めに就寝しました。

 

(インドのホテルレストランにて)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2日目

参加者の皆さんが楽しみにしていたタージマハル見学!!ついにその日がやってきました。

デリーから車で3~4時間かけて、タージマハルのあるアグラに無事到着し、バスを降りて専用の「電気自動車」で移動。環境汚染を少しでも食い止めるために、観光地では排気ガスを出さない電気用自動車が導入されています。タージマハルの門の近くまで行きいよいよ、タージマハルの正門前へ。移動者を降り、門をくぐってタージマハルの敷地内へ入りました。タージ・マハルがあるのは、首都デリーからバスで4時間ほどの町、アグラ。 朝早くデリーを出発し4時間程かけてアグラまでバスで移動しました!入場する前には厳重なボディチェックがあります。中に持ち込めないものもあるので、なるべく最小限の荷物で行くのがおすすめです。ボディチェックを問題なくクリアしたらメインゲートに移動します。

 

メインゲートはこんな感じです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メインゲートを通ると目の前にタージマハルが見えてきます!

そして集合写真をパシャリ皆最高の笑顔です!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タージマハルの中に入ることが出来たのですが、タージマハル内部の撮影は禁止でした。しかし、さすがインド、みんなルールを無視して笑顔で写真を沢山撮っていました!皆さん絶対にマネしないでくださいね。タージマハル見学後はお昼ご飯を食べて、3時間以上かけてデリーのホテルに戻り夜ご飯をホテル近くにあるマクドナルドで食べました。インドのマクドナルドでは、牛肉を食べないヒンズー教徒やポークを食べないイスラム教徒が多いため、ビーフやポークは販売していないので、メニューはチキンバーガーかフィッシュバーガーがメインです。

 

3日目

午前中にガンジー博物館を訪問しその後デリー空港へ。午後デリー空港から飛行機で1時間半かけてウダイプールへ移動しました。ウダイプール空港には、FTCJの現地パートナー組織のWEやME to WEのスタッフが出迎えてくれました。空港からバスで2時間以上かけてツアー中滞在する施設ME to WE センターに到着しました。

 

ガンジー博物館

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ME to WEセンターにバスが到着するとスタッフが

歓迎のためのお花とウェルカムドリンクをプレゼントしてくれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おでこに赤いビンディを塗ってくれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初日夕食の様子です。バイキング形式で

チャパティ、カレー、ピザ、ドリアなどバラエティー豊かな夕食を堪能することがでました。