【報告】中高生世代向けロビイングトレーニング(We are the MOVEMENT ミニアクション)

2020年から始まった「We are the MOVEMENT」。このプロジェクトは、子ども若者が社会問題を自分ゴトとして考え、一人ひとりがアクションを起こす社会を作るべく、子ども若者自身が様々なソーシャルアクションに挑戦するものです。公募により選ばれたアクションは、立案者自身が企画・主催をし、大東建託グループみらい基金の助成、認定NPO法人フリー・ザ・チルドレン・ジャパンの伴走支援のもと実施されます。通常のプログラム募集に加えて、募集期間外の【短い期間】に行われる【比較的小規模】なアクションを「We are the MOVEMENT ミニアクション」として実施しています。
※ミニアクションは随時アクションを募集しています。アクションをしたいという方はぜひご応募ください。

この度、ミニアクションを実施しているプロジェクトメンバーから活動報告が届きました!

プロジェクトメンバーから企画案内が届きましたのでお知らせします。


【アクション実施報告】
2022年12月19日(月)に学生団体Turcksは、フリー・ザ・チルドレン・ジャパンのユース・エンゲージ・アドバイザー鈴木さんと協力し、ロビイングトレーニングをオンライン形式で行い、子ども世代2名の参加でワークショップを実施しました。

 

【企画・アクション内容報告】
鈴木さんの進行で、アットホームな雰囲気で「社会を変えることはできる?」「社会人とは?」などの難しいテーマに対して、議論し考えを深めました。楽しい会話を交えながら、政府や国会議員の方々への政策提言の方法、アプローチの仕方などを学ぶことができました。

 

【イベントを実施してみて】
学生団体Turcksとして、今回の活動を通してより深い学びをすることができたと感じています。
「政府とどのように関わり、政策提言を行うのか」について学ぶ機会は、あまり多くないと思います。

政策提言について学ぶのも大切ですが、今回の学びを今後の活動にどう活かすかの方が重要だと思っています。今回のトレーニングを活かして、社会を変えるための政策提言に繋げていければ良いなと思います。

今回の貴重な経験を活かし、社会をより良いものにしていくために学びを行動に移すことが大切だと感じました。参加して頂いた皆さんありがとうございました。

 


※本企画は、大東建託グループ みらい基金の助成、認定NPO法人フリー・ザ・チルドレン・ジャパンの
運営補佐のもと実施されている、「We are the MOVEMENT」の一環として開催されています。
「大東建託グループみらい基金」による助成ご協力に、心より感謝いたします。