8月からハチドリ電力の供給が始まりました!

ハチドリ電力は、CO2を出さない地球にやさしい電気のみを供給する新しい電力会社です。

ハチドリ電力を使うと、電気料金の1%が自分の選んだ団体に寄付されます。
(この寄付先の1つとしてフリー・ザ・チルドレン・ジャパンも参加させていただいています)

さらに1%が自然エネルギー基金へまわり、より多くの人がハチドリ電力を使えば使うほど、
日本の自然エネルギーの発電所が増えていく、という素敵な仕組みです。

 

ハチドリ電力は利用申込を5月頃から受け付けていましたが、8月からいよいよ電気の供給がスタート

私たちFTCJのオフィスやスタッフの自宅の電気も、これを機にハチドリ電力に切り替えました。

切り替えの手続きは本当に簡単だったので、

ぜひまだ切り替えていないという方はご検討いただけたら嬉しいです。

 

ハチドリ電力の利用を通じてFTCJの活動を応援したい!という方はこちら

 

『自然エネルギーってことは、電気代が高くなりそう…』

と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、意外と全然そんなこともないので、

是非、料金シミュレーションをしてチェックしてみてください。

 

申込すると、社会課題について学べるハチドリアカデミーやエシカル商品の割引購入など、

さまざなハチドリ会員特典もあるそうです。

(スタッフ自宅にも先日エシカルシャンプーの無料お試しセットが届きました♪)

 

電気という生活に欠かせないインフラの利用において、

より環境や社会に優しい方法を選べる選択肢があるというのがとても嬉しいですね。

ハチドリ電力さんの素敵な取り組みに感謝です。

 

そして!

既にハチドリ電力を申し込んだ方々の中に、

支援先としてFTCJを選んでくださった方がたくさんいます!

 

ここでは、ハチドリ電力さんのウェブに掲載されているインタビュー記事の中から

フリー・ザ・チルドレン・ジャパンを応援してくださっている方々のインタビューを

いくつかご紹介したいと思います。

井出さん(株式会社office 3.11代表取締役)

ヒエラルキーのない社会を。一人一人の取り組みが大きな流れになる。

中村さん(Sunday Morning Factory株式会社 代表取締役社長)

電気料金の1%だから無理なく気軽に寄付できる

渡辺さん(株式会社ドーガン・ベータ 取締役)

ハチドリ電力は、無意識にどれだけ電気を使っているかが分かる仕組み。

島田さん(オーガニックレストラン「ape」(東京都目黒区)シェフ)

オーガニックの普及を通して健康や地球環境を守りたい。

西山さん(はこざき駅前食堂(福岡県福岡市))

地域密着型の食堂で、町にも社会にも貢献したい。

小野さん(天台宗のお寺「普賢寺」(東京都府中市))

「ハチドリのひとしずく」のお話が、比叡山の教えに重なりました。

 

数多くある団体の中からフリー・ザ・チルドレン・ジャパンを支援先に選んでくださり、ありがとうございます。

子どもを応援したい、子どもたちの未来をより良いものにしていきたい。

そんな支援者のみなさんの想いをしっかり受け止め、これからも活動に取り組んでいきます。