チェンジメーカーとなった娘から、母親が学んだこと

WE Dayのスピーカーとして活躍する、アシュレー・マーフィ
ー。今回はそんなアシュレーを支える、ご家族をご紹介しま
す!(清田)

https://www.we.org/stories/mother-of-ten-kari-murphy-shares-mothers-day-lessons-from-daughter/

カーリー・マーフィーは、生後9カ月だったアシュレーを、養
子として迎えました。3.6kgしかなかったアシュレーは、1か
月の余命宣告を受けました。

そんなアシュレーも、現在は19歳。両親から、絶え間ない
愛や優しさを受けて育ったアシュレーは、幼い頃から、カ
ーリーから愛や優しさの大切さを教わっていました。

思いやりを持って生きるというアシュレーの信念はWE(旧フ
リー・ザ・チルドレン・カナダ)の活動によってさらに強められ
ていきました。アシュレーは12歳の時にWe Dayに参加しま
した。そこでクレイグとマークがステージに上りライトを浴び
た瞬間、アシュリーは、いつか自分もこのイベントで話をしよ
うと決意しました。大勢の人の前に立って、自分の経験を共
有している姿を思い描いたのです。実は、アシュレーは、HIV
を抱えて生きています。(HIVを抱えて生きている人はたくさん
います。特別なことではありません。) しかし、そのようなバッ
クグラウンドを理由に自信を失うようなことはなく、アシュレー
は夢を抱き続けました。

アシュレーが、WEに連絡を取りたいという話をカーリー
に話を持ちかけた時、カーリーは四肢麻痺性の息子パ
トリックの世話にかかりっきりでした。カーリーは様々な
障害や病気を抱える10人の子どもたちの母親だったの
です。パトリックはその後2年間通院が続く予定だったの
で、カーリーはアシュレーに、「今は何もできないのよ」と
答え続けていました。

それでも、アシュレーは頻繁に、WEに関わらせてほしいと
頼み続けました。「ねえ、そろそろWEにメール送ってくれな
い?おかあさーん!」と。そんなやりとりを続けて三年が過
ぎたころ、カーリーは、アシュレーのためにWEにメールを送
ることにしたのです。

16歳になったアシュレーはオーディションを受けるとすぐに
WEから依頼を受け、WEで話すという夢を叶えました。カー
リーはとても不安だったので同行して北米を渡り歩きました。
そして、偏見と闘う、HIVを抱えた大勢の若者の想いを背負っ
て、人前で話す姿を見守っていました。

アシュレーがWEで話すようになってからまもなく、カーリー
は、アシュレーが大勢の人々と関わる中で、多くに人に影
響を与え、アシュレー自身も変わっていく様子を目の当た
りにしました。アシュレーはありのままの自分を受け入れ、
勇気をもって自分を表現し続けていくようになったのです。
そして2人はさらに活動に力を入れるようになりました。

当時のことをカーリーはこう振り返ります。「何事にも恐れず
に突き進んでいくアシュレーの姿に私は突き動かされたのだ
と思います。様々なことを経験して成長したアシュレーは、あ
るとき悟ったように、『学校とかで誰に何を言われようが、今
のわたしは、わたしがやるべきことをやっているのよ』と言っ
たのです。」

カーリーはー母親として大きな愛を与えて、娘の人生を輝
かせました。一方で、娘から「広い視野を持って勇気をもっ
て行動すること」の価値を教わったのです。アシュレーの自
尊心が高まっていく過程を見ていたカーリーは、以前にも増
してアシュレーに協力するようになり、2人の絆も深まってい
きました。

カーリーはこう話します。「娘がWE Dayのツアーに参加す
るまでは、私はここを離れたくなかったですし、子どもたち
の世話を他人に頼むこともできませんでした。か弱い子ど
もたちを、他の人に預けるということに後ろめたさがあった
んです。しかし、アシュレーの姿をずっと見てきて、前に進
むためには、新しい一歩を踏み出すことが重要だと思うよ
うになりました。私自身もね。」

行く先々で、満席のWE Dayの会場に立つ娘の姿を見てカー
リーは教えられたと言います。

「『絶望の底にいて、もうこれ以上進めないと思っても、掘り
進めてみること。そこには希望がある。』ということを、アシュ
レーから教わりました。」

アシュレーは、母親から受け継いだボランティア精神によっ
てWEに繋がり、それは彼女の人生の一部になりました。ま
た、他の9人の子どもたちもそれぞれに、母親のボランティ
ア精神を引き継いでいます。家族全員で、誰しもが人の役
に立つ力を持っているということを証明しています。「四肢
麻痺であろうと、視覚障害者であろうと、関係ありません。
身体障害や発達障害など、どんな病気や障害があったと
しても、ひとりひとりにできることはあるのです。」とカーリ
ーは言います。

アシュレーに思いやりの心を教えたのは母親のカーリーか
もしれません。しかし、アシュレーの行動はカーリーに、人と
して大切な教訓を示しました。カーリーは言います。「彼女は
学校での講演で得た報酬を全て寄付に充てています。有名
ブランドの洋服を買ったり、友達とスキーに行ったり、そんな
ことをするような収入には一切なりません。私たちの家庭も、
それほど裕福であるとはいえません。それでも、彼女は得た報酬を
全てを寄付するのです。もし自分だったらあの年齢でそんなことはで
きなかったと思います。」

アシュレーは、「カナダの輝く未来に貢献するであろう、素晴
らしきカナダ人50人」に選出されました。アシュレーは母親を
手本に、しっかりと自分の道を歩んでいます。「母が私たちに
教えてくれたことは、常に人の役に立つこと、自分自身に正直
であること、信念を持つこと、そして、いつも前向きな考えを持
つことです。」母親について尋ねられて彼女は力強くこう答えま
した。

おまけ

アシュレーへのインタビュー(過去記事)

http://ftcj.jugem.jp/?eid=1631

(原文記事執筆:サラ・フォックス  翻訳:翻訳チーム  藤井優美 文責:清田健介)

「『絶望の底にいて、もうこれ以上進めないと思っても、掘り進めてみること。そこには希望がある。』ということを、アシュレーから教わりました。」